業界ニュース
VR

屋内LEDカント作業屋外|エンボン

2020/06/28


    時代の変化とともに、ショッピングモールから企業の会議室まで、LEDディスプレイの使用はますます普及しています。すると、屋内のLEDディスプレイを屋外で使用できるのか、なぜ使用できないのかという疑問が生じます。


     ●  表示距離の制限。屋内のLEDディスプレイは短い視距離を必要とし、モデルは一般にp2.5、P3、P4、P5、P6であるため、面積は一般に大きくなく、30平方メートル以内ですが、屋外のLEDディスプレイは長い視距離を必要とします。モデルは一般的にph8、P10、P16、P20などであるため、その面積は大きく、通常は30平方メートルを超えると判断されます。

     ●  防水の制限。屋内のスクリーン構造は防水または単純な防水処理を必要とせず、屋外のLEDフルカラーディスプレイには高い防水要件があります。製造中、ケーブルとキャビネットは防水処理されているため、キャビネット構造自体の要件は異なります。

     ●  明るさの制限。屋内LEDディスプレイの輝度要件は低くなっています。ダイナミックスキャニング回路を採用しており、屋外スクリーンは高輝度で高輝度を実現します。静的走査回路です。 2つのハードウェアの違いは大きいです。実際、動的スキャンはハードウェアコストを節約するために使用されます。使用するドライバーチップの数は10倍以上異なるため、屋内LEDフルカラーディスプレイの輝度は比較的低く、通常は約1500cd /㎡であり、屋内での使用にのみ適しています。 

     ●  屋外LEDディスプレイの一般的な明るさは、4500 cd/㎡以上である必要があります。この明るさに達しない場合、ディスプレイに表示されるコンテンツは基本的に日中は表示されません。つまり、屋内用LEDスクリーンと屋外用LEDフルカラーディスプレイは、明るさ、防水処理、モデルの選択が異なるため、原材料、付属品、キャビネットなど、製造当初のハードウェアが異なります。したがって、変更するのは簡単ではなく、失うだけの価値があります。

     ●  この記事を説明した後、あなたはこの質問に対する答えを持っていると思います。

基本情報
  • 年設立
    --
  • 事業の種類
    --
  • 国/地域
    --
  • メイン産業
    --
  • 主な製品
    --
  • エンタープライズリーガル人
    --
  • 総従業員
    --
  • 年間出力値
    --
  • 輸出市場
    --
  • 協力したお客様
    --

お問い合わせを送ってください

別の言語を選択してください
English English français français italiano italiano 日本語 日本語 한국어 한국어 Português Português русский русский Беларуская Беларуская বাংলা বাংলা हिन्दी हिन्दी Tiếng Việt Tiếng Việt Türkçe Türkçe ภาษาไทย ภาษาไทย العربية العربية Deutsch Deutsch Español Español
現在の言語:日本語